40代でのリストラに備えておくことも考えてみる

40代でのリストラに備えておくことも考えてみる

40代でのリストラに備えておくことも考えてみる

 2012年はシャープを初め、NECやパナソニック、ソニーなど日本を代表する電機メーカーで大幅リストラが行われた年となりました。リストラでターゲットになった人は人件費が高い40歳〜59歳の人たちで、転職できた人や経済的に問題ない人はいいのですが、そうではない人にとって過酷な転職活動を強いられる事態となりました。

 

現状

 転職市場は人件費が安い20代〜30代前半に偏っており、40代以降となるとよっぽどのスキルか顧客の持ち主か、アルバイトや派遣など正社員雇用も難しい状況です。40代といえば家のローンや車のローン、子どもの教育費にお金がかかる世代でもあることでしょう。このような状況でリストラにあうのは避けたいところですが、無理やりやめざるを得ない方向に持っていかれるので、転職するより道がないのです。

 

 ある記事では40代後半の人について触れており、在籍する事業部があまり「パッとしない人」を対象に聞いたことがない部署への移動辞令が来るといったことが掲載されています。この部署とは俗に言う「追い出し部屋」であり、退職に追い込むためのスパーンがしかれている部署となっています。

 

 追い出し部屋の存在は大手企業でも珍しくなく、企業側は法律に触れないよう、追い出し部屋を設置し、念密にリストラを行うのです。そうなると転職せざるを得ないというのが現状です。
参考記事

 

対策

 40代の転職に関しては、残念ながらあまりいい話は聞かれません。こうした事態にそなえ、リストラされても生き残れる術を40歳まで築きあげていくことが大事なのではないでしょうか?
参考記事

 

 

 

 

 


トップページ 転職を成功させる5つのポイント いちおし転職サイト