40代は会社で評価されにくい

 「本当には転職したいけど、40代じゃ求人がない」「正当な評価を受けていないけど、このまま居続けるしかないか」「40代は身動きがとれない」といった理由で本当は転職したい気持ちがあっても、40代じゃ無理だと転職をあきらめている人が非常に多くみられます。

 

 実際に求人市場は20代〜30代前半向けのものが多くみられ、40代の求人はマネージャークラスかアルバイト雇用のいずれかといった2極化の様子がみられます。特に未経験の分野の転職となるとまるでアウトです。記事でもこういったことは40代にとって深刻なテーマになっていると掲載しています。

 

 20代30代であれば転職もしやすいですし、何らかの形で抜擢もされやすい年代です。40代となると特段そういった評価は受けずプレーヤーはプレーヤーのまま、マネージャーはマネージャーのままといった形であり、その中でやれるのは当たり前といった目線しか向けられません。

 

 手柄があっても若手のように褒められることもなければ、評価の対象にもならない可能性もあります。こうしたことから「40代 俺は会社で評価されていない症候群」といった形で取り上げられています。誰だって評価されたいもの。褒められれば嬉しいですし、給料があげればやる気もできます。そういった育て方をするのは30代まであり、40代になるとそうは行きません。加えて転職も難しい世代であり、さまざまな葛藤を抱えることと思います。

 

 しかし40代のみなさんよく考えてみてください。現状があるのは、自分の過去があってのことです。現状が正しい評価であることに、気がついていないだけかもしれません。


トップページ 転職を成功させる5つのポイント いちおし転職サイト