35歳以上の転職が増加傾向

 数年前までは転職をするなら35歳が限界だとされていましたが、近年では状況が変わってきているそうです。数年前と比べると、今では35歳以上の年齢で転職する人の割合がかつての2倍になっていて、必ずしも35歳過ぎてしまったら就職ができなくなるという事ではないのが分かっています。男女に特別な違いがあるというわけではありません。女性の出産や育児の関係で転職しているのが要因になっているというだけではなく、男性の転職の割合も増えている状態でした。

 

 転職者の年齢が高くなってきている背景としては、会社側が中途採用の即戦力を欲しがっている実情があるようです。その点を考えると、何もわからない状態から育てて行かなければいけない社会人一年目の人材ばかりを採用するよりは、即戦力として活躍できる経験の豊富な人材も求められているという事がわかります。以前から中途採用の即戦力を採用する場合はありましたが、今ほど即戦力を求めている会社が多くはなかったのかもしれません。

 

 新卒の採用を求めている会社が多いのは今も昔も同じ状況ではありますが、即戦力を求める会社が多くなってきているのも事実のようです。どんな世の中であっても会社の利益になる人物で登用したいというのが、求人募集を出している会社の本当の気持ちだと思います。ですから、40代でも諦めずに転職活動をすることが大切だと思います。何をもって利益とするのか、会社によって考え方が違っていると思いますので、会社の求めている能力のリサーチをすることがかなり重要になってくるのではないでしょうか。


トップページ 転職を成功させる5つのポイント いちおし転職サイト