40代は履歴書で何を見られているのか

個人の経歴を伝える履歴書

 履歴書に個人情報や学歴・職歴、有している免許・資格などの規定項目が設定されているかというと、応募者個人の経歴を短時間で把握することが目的の書類だからです。

 

 住所や扶養家族の有無、通勤時間などの情報も、自社に長く勤務してもらいたい企業にとっては大事なものですし、学歴や職歴を見ることで、募集職種とマッチしているかどうかを、瞬時に判断できます。

 

 だからこそ、転職者用のフォーマットの規定項目がきちんと書かれているかどうかは、大事なポイントになります。

 

 最近はパソコンで履歴書を自分で作成する方も増えていますが、規定項目を網羅しないことで、意図的に情報を隠したのではないかと疑われることで、評価を下げているケースがあるので、転職サイトなどからフォーマットをダウンロードすることをおすすめします。

 

 

志望動機が特に重要

 履歴書の中で重視される項目の筆頭にあがるのは、やはり「志望動機」です。

 

 40代が「志望動機」を書く際には、自分が応募企業に入社したいという意欲はもちろん、自分のこれまでの経歴を活かして、どう貢献できると考えているのか、あるいは入社後にどんな仕事に関わり、自分のキャリアビジョンを実現したいのかなど、採用のメリットが見える内容になっていることが重要です。

 

 

<関連記事>

 


トップページ 転職を成功させる5つのポイント いちおし転職サイト