40代は職務経歴書で何を見られているのか

これまでの職歴を伝える職務経歴書

 応募書類における職務経歴書の役割は、応募者が「これまでどんな仕事をしてきたのか」「いま何ができるのか」「これからどんな仕事をしていきたいのか」を端的に伝えることです。

 

 職務経歴書は、いかにキャリアと実績が豊富な40代であっても、A4版で2〜3枚以内にまとめるのがセオリーです。

 

 限られた枚数の中で、募集職種に関わる職務経歴と専門スキルをいかにアピールし、面接したいと思わせることができるのかは、文章力やレイアウトも含めた、プレゼンテーションスキルのレベルに大きく左右されます。

 

 職務経歴書には、「編年方式」「逆編年方式「キャリア方式」といったフォーマットがありますので、自分の経歴にふさわしいものを選んで、コンパクトにまとめるように書き進めましょう。

 

 

マネジメント経験の有無も重視される

 そして40代の場合、単に個人の専門スキルや実績が高いだけでは、面接に進むことはできません。

 

 プレイングマネジャーとして、組織運営も担えるマネジメント経験があるかどうかも、大事なポイントになります。

 

 所属部署で持った部下の数や、そこで実績をあげるためにどんなマネジメントを行っていたのかも、職務経歴書にしっかり記載してください。

 

 

<関連記事>

 


トップページ 転職を成功させる5つのポイント いちおし転職サイト