40代が応募書類を送るなら

応募書類の送り方で見られていること

 応募書類は、応募者と企業が初めて出会う場であると同時に、採用担当者にとっては応募者のビジネスマナーのレベルをはかる第一関門でもあります。

 

 封筒の大きさや色、宛名の書き方で、応募者個人のビジネススキルのレベルだけでなく、真剣に応募しているのかどうかを予測することもできます。

 

 こうした些細なポイントでミソをつけることがないよう、封筒も丁寧に準備しましょう。

 

 また、封筒があちこち折れ曲がっていたり、汚れているだけで、足元を見ていると不快感をあらわにする採用担当者もいます。

 

 40代だからこそ、謙虚な姿勢をアピールするためにも、封筒の選び方や書き方に十分注意してください。

 

 

添え状は必ずつける

 ビジネス文書を送るときにカバーレターをつけるように、応募書類にも添え状を送るのは、ビジネスマンとしてのマナーの一環です。

 

 添え状、履歴書、職務経歴書の順番に並べて、透明のクリアファイルに入れてから、宛名面に添え状がくるように封入するのが、入れ方のマナーです。

 

 そして添え状は、履歴書や職務経歴書と高さがあるサイズで作成するものです。スペースがあるので、募集を知った経緯や簡単な自己PRも書き添えましょう。

 

 

<関連記事>

 


トップページ 転職を成功させる5つのポイント いちおし転職サイト