40代は志望動機をどう話す

志望動機の内容はその後の質疑応答に影響を及ぼす

 面接官は面接の序盤で、応募者に対し、「志望動機」を必ず質問します。

 

 履歴書と職務経歴書を手元に置いているのに、あえて「志望動機」を語らせるのは、そこに企業研究の深度や自己分析の成果、入社への意欲が現れることを、面接官は経験的に知っているからです。

 

 そのため、履歴書に書かれた内容をおうむ返しにくり返すのではなく、それを補完するエピソードや入社後を想定した自分のキャリアビジョンなど、面接官の興味を引く内容が盛り込まれていることが大切です。

 

 ここで説得力のある「志望動機」を語れると、その後の質疑応答での相手の熱の入り方が違っていきます。

 

 不採用のための予定調和の面接にしないためにも、「志望動機」でしっかり面接官の関心を引きましょう。

 

 

志望動機で話すべきこと

 40代が「志望動機」で話すべきことは、自分のこれまでの経歴が募集職種にいかに活用できるかというアピールと、企業が抱えている課題に対し、どんな取り組みをしたいと考えているのかを、ビジョンとして伝えることです。

 

 人件費の高い自分を採用するメリットを、実務面と組織運営面の二つを合わせてアピールすると、面接官により具体的な質問をしてもらえるようになるはずです。

 

 

<関連記事>

 

 


トップページ 転職を成功させる5つのポイント いちおし転職サイト