40代は面接対策をどう行うか

面接は準備で採否が決まる

 面接で一番大事なことは、徹底的に準備をして、本番に臨むことです。

 

 特に営業職で高い実績を持つ40代は、自分のプレゼンテーションスキルに自信を持つがゆえに、応募書類を斜め読みするだけで面接に臨み、質疑応答で失敗するケースが多いのです。

 

 これは、応募企業についての下調べが足りず、質問への回答が浅はかだったり、企業ニーズを把握しきれていないことが露呈することによるものです。

 

 こうした事態に陥らないためにも、前日には応募書類の控えを読み返し、企業のホームページをチェックして、企業理念と事業ビジョンは頭の中に入れておくのがセオリーです。

 

 できれば、ライバル会社の情報も調べ、シェア拡大に何が必要かなど、入社後を意識した情報を頭に入れておくと、質疑応答の中で役立つことが多いです。

 

 

逆質問を複数用意しておく

 面接で自分をアピールする場の一つに、「逆質問」があります。ここで、自己PRにつながる「逆質問」ができるよう、前日までにしっかり準備しておくのです。

 

 また、40代ともなると入社後にミスマッチに気づいても、やり直しが難しいケースが多いので、入社して後悔しない会社かどうかを「逆質問」するのも良いでしょう。

 

 

<関連記事>

 

 

 


トップページ 転職を成功させる5つのポイント いちおし転職サイト