面接でのNG集

面接マナーのNG集

 40代の応募者の場合、社会人経験が豊富なので、面接マナーができていると思い込んでいるひとが少なくないのですが、面接官の立場から見ると、必ずしもそうとは言い切れません。

 

 特に面接官が自分より年下だったり、女性だった場合、応募者本人は無自覚なのですが、態度が横柄になったり、面接官を対等に扱う印象を与える40代が実在します。

 

 転職の面接は、自分が選ばれる立場であることを自覚すべきですし、何より、入社後に職場に適応できないと判断されれば、どんなに優秀な経歴があっても採用されることはありません。

 

 自分が謙虚な姿勢で面接に望めているのかどうか、模擬面接などで一度チェックしてもらうのもよいかもしれません。

 

 

面接日時の設定にも配慮する

 在職中の40代が面接連絡を受けた場合、勤務時間外にしてくれるように依頼することも多いでしょう。

 

 このとき、自分の仕事の都合だけを考える40代は、不採用の確率が高いと考えてください。

 

 応募者が勤務時間外だということは、面接官は残業または休日出勤して対応しているということです。

 

 そもそも無理なお願いをしているのに、現職の仕事の都合で遅刻するなど、言語道断です。面接日時の設定には、十分配慮してください。

 

 

<関連記事>

 

 

 


トップページ 転職を成功させる5つのポイント いちおし転職サイト