円満退職をするために

円満退職に必要な手順

 40代の社員が退職することは、会社のそれなりの影響を及ぼすものです。

 

 特に管理職の40代が退職する際には、後任人事の問題や取引先との関係の変化など、あらかじめ予測をたてて準備をしなければならないことも多いです。

 

 だからこそ、円満退職するためには、然るべきプロセスを経て、きちんと引き継ぎが終われるように手順を踏むことが大事です。

 

 希望する退職日を設定し、その3カ月前には直属の上司に退職の意向を伝え、退職日までのスケジュールの相談ができていないと、引き継ぎを完了できないケースが多いはずです。

 

 勤務先の就業規則も確認したうえで、段取りを踏んで、退職準備をしましょう。

 

 

退職を決めたら引き継ぎの準備に入る

 退職のための引き継ぎは重要ですが、これは一人で進められることも案外あります。

 

 業務の手順をマニュアル化したり、取引先の実績と担当者の性格、業務推進のうえで気を付けるべきことなどを覚書にしておくだけでも、後任者は随分助かるはずです。

 

 書類やデータ、資料の整理など、後任者に必要なものか否かを取捨選択し、引き継ぎがスムーズに進められるように、退職をオープンにする前から、少しずつ準備をしておくことをおすすめします。

 

 

<関連記事>

 


トップページ 転職を成功させる5つのポイント いちおし転職サイト