40代の退社手続き

退社が決まったら準備すべきこと

 会社と話し合いが済んで、退職日が決定した時点で、すべての事務手続きが退社日に終了するように、スケジュールをたてておく必要があります。

 

 例えば社宅に住んでいる場合、いつまでに退去しなければいけないのかを確認し、期日までに引っ越しができるよう、物件や業者を探さなければなりません。

 

 また、社内融資を受けている場合、退社日に一括返済しなければなりませんから、退職金や最後の給料で相殺可能かどうかを調べ、足りない場合はほかの金融機関の借り入れの手配などが必要になります。

 

 こうした事前に準備すべきことに漏れがないよう、チェックリストを作成し、確実に一つひとつ潰していくことをおすすめします。

 

 

退社日の事務手続き

 退社日には、勤務先から「雇用保険被保険者証」「年金手帳」を受け取ります。

 

 「離職票」と「源泉徴収票」は後日郵送されてくるものなので、送り先や時期などの確認をしっかりしておきます。

 

 そして、この日に会社に返却すべきものを、すべて返却します。ここでトラブルになることが多いのが、業務上にもらった名刺です。

 

 仕事を通じて取引先からもらった名刺は、会社に帰属するものなので、必ず会社に返却してください。

 

 

<関連記事>

 


トップページ 転職を成功させる5つのポイント いちおし転職サイト