40代の転職は厳しいからこそ、効率的に


 2012年末から株価が上がり始めて、今では日経平均15000円を越える株価になるなど景気が上向きの状態が続いています。このまま進んでいけば経済状況は良くなり、雇用環境の改善や、失業率も下がるかとは思いますが、今はまだそこまで景気が良くなっていません。つまり、まだ不景気時代の負の遺産を多く抱えているのが社会の現状だと言えます。

 

 そんな中で50代、60代の転職や就職はもちろんですが40代でさえ転職が難しい状態が続いています。管理職経験者や高い業績、ヘッドハンティングの経験者であってさえ就職活動が思うように進まないのが現状です。

 

 40代は働き盛りですから、一日でも早く仕事を始めたいものですね。就職活動それ自体は手早く終わらせる必要があるかと思います。コツがいくつかあります。

 

 求人広告などに空求人と呼ばれるものがあるのをご存知でしょうか。空求人とは、実際には応募などがあっても採用することがない求人のことです。通年でずっと求人が出されているものは空求人である可能性が高いですので、応募するのはやめておいた方が時間と労力の節約になります。

 

 さらに通年募集をしている企業をパスした方が無難な理由が離職率との関係です。もし、空求人ではなく本当に人材を必要としている職場が人を常に募集していとすれば、離職率が高い可能性があります。離職率の高さは職場環境が強く影響していると考えられますので、わざわざ火中の栗を拾う必要はないと思います。


トップページ 転職を成功させる5つのポイント いちおし転職サイト