40代の転職ブームがやって来た

40代の転職ブームがやって来た

 

40代の転職ブームがやって来た

 

 

 最近、ポジティブな40代の転職が増えてきていることをご存知でしょうか?

 

 これまで40代で転職しようかと考える方は、それほど多くありませんでした。もちろんこの数年、中高年に対するリストラの嵐が吹き荒れていたため、止む無く転職活動を始める40代を見かけることは増えてきました。

 

 しかしそれでも自分の意志で転職活動に入る40代はよっぽどな事があってのことでしょう。転職したい!とご本人が思ってもご家族など周りの方に止められて現職に残る方がほとんどではないでしょうか。つまり40代の転職活動は「仕方なく」始めた方が多く、マイナスな印象がありました。

なぜ40代の転職が増えてきたのか?

 

 状況が変わったのはリーマンショック後、しばらくたってからです。それまでの転職市場は第2新卒者など、若くて安い人材が花形でした。企業としては色が付いて使いづらく年収の高い年齢層を雇うより、キャリアがなくても自社のカラーに合うよう若者を教育たいという意向があったからです。そのため40代での転職は相当厳しかったのです。

 

 しかしリーマン・ショック後の世界情勢の一転で事情は変わりました。よりスピーディーに業務を遂行し、外国企業と渡り歩くためには未経験者を即戦力として育てる時間と余裕がなくなってきたのです。そこで白羽の矢が立ったのが30代と40代の即戦力です。

 

 多少人件費が高くとも、この難局を乗りきれるのは即戦力を持った人材だけだと企業側が気づいたわけです。最近では転職希望者だけでは人が足りず、ヘッドハンティング会社を使って積極的に声をかけてくることも。

 

 ただし人材市場はいつでも流動的。若い子が欲しいと思ったら次は30代・40代を欲しがったり、ころころ状況が変わるものです。そのうち転職でもしようかなんて思っていると、いざという時には40代の転職ブームは去っている可能性もあります。転職はタイミングが肝心。少しでも転職を考えるなら、在職しながら転職活動を始めてみてはいかがでしょうか?


トップページ 転職を成功させる5つのポイント いちおし転職サイト