40代での転職は「覚悟」が必要《42歳 男性》

42歳男性
看板製作
営業事務
リクナビNEXT・その他

 

 

 

 私が転職を思い立ったのは、自分自身と会社の将来性に不安を感じたからでした。私が勤めていた会社は主に屋内外の看板製作などを手掛けていましたが、広告業界全般がデジタルに移行したことで、その波に乗り遅れ業績が悪化していきました。

 

 高校を卒業して依頼約20年勤め、人間関係も良好でしたが友人などと話をしていて「もし会社が潰れたら・・」という話になったときに自分はどうするのだろうと思い、周りの状況に流されて後手を踏むよりは自分で動こうと思い退社することにしました。

 

 

 

 私は自動車免許以外に資格がなかったので、職業訓練校に通いパソコン系の資格を取得しました。今思えば非常に安易な選択でした。もっと有益な資格を取得すれば、と後悔しました。

 

 職業訓練校を終えていざ転職活動をしてみると40代での転職は、まず書類選考(履歴書)で選ばれることが非常に困難です。求人票を見ても35歳以下という年齢制限も多くなってきます。どんな資格をもっているかよりも、自分は何をしてきて新たな職場で何ができるか、が重要です。

 

 

 

 

 私自身一つの職場しか経験したことがなく、環境が変わったときにいったい自分はどの位の実力なのか?を知りたくなりました。まず退職したことで「危機感」を持つことができました。漫然と毎日を送っていましたが、自分の将来を今まで以上に真剣に描くようになりました。

 

 今の時代いつ会社がなくなるとも限りませんし、自分が突然リストラの対象になるとも知れません。

 

 

 

 

 私の場合は結婚はしていますが、子供はいないので思い切って転職を選択しました。人によって生活が違いますから安易に転職をしないことをアドバイスしたいと思います。 本当に会社が倒産寸前だとか職場環境が劣悪で体を壊しかねないなどの急を要する事態でなければ一歩踏みとどまって考えてください。

 

 辞めてしまうことは簡単です。しかも辞めてしまったら、よっぽどのことが無い限り後戻りすることも容易ではありません。出来れば複数の収入源を確保しておくと”保険”になります。いわゆる「副業」をお奨めします。会社によっては副業を禁止しているところもありますが、ネットオークションやウェブでの副業などは問題ないところがほとんどです。休みを利用した「週末起業」なんていうのも一つの手です。

 

 まず、自分の好きなことや興味があることから始めてみて、自分なりに手ごたえを感じたらその業界に転職したり、自ら起業したりと選択肢は様々です。いずれにしても違う道に進もうとする場合に必要な事は、進もうとする業界の情報収集と綿密な準備です。

 

 

 

 

 

 

 

 


トップページ 転職を成功させる5つのポイント いちおし転職サイト