自分の市場価値に見合う転職活動をする

市場価値は過去の自分の集大成である

 大手企業の倒産が増えているいまの日本では、一部上場企業に就職したことで、明るい未来が手に入るわけではありません。

 

 いつ何が起こっても大丈夫なように、自分に力をつけておくことが、優秀なビジネスマンの条件でもあります。

 

 だからこそ、転職活動をする・しないに関わらず、自分の転職市場での価値がどれくらいのものなのかを常にリサーチし、自分に価値づけする努力を怠らないでいる方がよいでしょう。

 

 転職活動で知る自分に市場価値は、過去の自分がどんな仕事に、どんな姿勢で取り組み、どういう結果を残してきたかで決まります。

 

 それは、過去の自分への評価です。現実を踏まえて、転職活動を進めましょう。

 

 

キャリアビジョンを再構築して、希望条件を決める

 自分がどんなにハイクラス転職がしたいと思っても、それに見合うキャリアと実績がなければ、書類選考を通過することなどできません。

 

 いまの自分の市場価値を知ったうえで、キャリアビジョンを再構築し、自分が希望できる条件を冷静に分析することが、内定を得るための早道になります。

 

 いまの自分では足りないスキルを補う努力を、同時に行うことで、付加価値をアップすることはできるので、できることを探して、実践するようにしましょう。

 

 

<関連記事>

 


トップページ 転職を成功させる5つのポイント いちおし転職サイト