転職のタイミングを見誤らない

礼はつくしても、情には流されない

 在職中に転職活動を始める場合、勤続年数が長かったり、上司や部下との人間関係が良好だと、転職先が決まったのに、慰留されたことで、前言を撤回する40代も少なからずいるようです。

 

 そこで、いったんはおさまったように見えますが、実は後に禍根を残しているケースがほとんどです。

 

 まず、転職を決意したからには理由があったはずで、それが解決しなければ、また同じような気持ちになるのは、想像するまでもありません。 

 

 さらに、周囲には「一度会社を辞めようとしたひと」という事実が残りますから、これまでのような信頼関係が維持できることはないのです。

 

 40代の転職は、思い決断であることを念頭に置き、初志貫徹して、引き継ぎに全力投球しましょう。

 

 

転職にもタイミングがある

 自分の将来につながる転職ができるタイミングは、実はそれほど多いわけではありません。

 

 それまで築いてきたキャリアやスキル、人脈、実績を評価してくれた転職先だとしても、一年後に同じ評価で採用してもらえる保証はどこにもないのです。

 

 いま欲しいスキルやノウハウと、1年後に求められるニーズは違うと考え、自分の一番の売りどきを見誤らないことが、転職成功の秘訣なのです。

 

 

<関連記事>

 


トップページ 転職を成功させる5つのポイント いちおし転職サイト